宅建資格を学生のうちに取得する

宅建資格を学生のうちに取得すると様々なメリットがあります。例えば将来不動産業界に就職を希望している学生にとっては内定獲得に大きなアドバンテージになります。何故なら宅建は不動産業界で活躍するために必修だからです。また、不動産業界にこだわらなくても法学部在籍者にとっては民法の基礎がたくさん出題されますので、行政書士や司法書士の資格取得を目指したり、あるいは法科大学院合格と司法試験合格を目指す者にとっては礎になる試験内容ですので、比較的講義受講にも余裕のある大学2年生までにしっかりと勉強をして合格しておけば、就職にも法律職を目指すにも有利になると言えます。

学生のうちにやっておくべきこと

就職活動まで精いっぱい遊んで暮らそう、と思っている学生の方も多いでしょう。確かに遊ぶことは大切ではありますが、今のうちにやっておいたほうが良いこともあります。それは資格取得のための勉強です。自分の進みたい道に近いものを選んで勉強しておきましょう。就職に有利になるほか、その分野について深く知っていくことが出来るため、仕事を始めてから「向いていなかった」という事を防ぐことが出来ます。若者の離職率が高いという事から、自分の就く仕事について知っておくことは必須といえます。興味のある仕事につながる資格があれば、積極的に学んでいくようにしましょう。

↑PAGE TOP